C-ビジネス管理と継続的なプロセス改善


管理とプロセス

管理指向プロセスは、大きく顧客価値を有効にし、最適化リソース

組織指向のプロセス管理が可能に, プロセスまたはアクティビティー, 作成された値の分析, 割り当てられたリソースのと可能に, また, 効率を評価し、ビジネスの文脈でのボトルネックを検出.

ベスト·プラクティスを通じて, ビジネスプロセスのプロフェッショナル·マネージメント協会によって定義された (ABPMP) BPM CBOKを通じて (知識のビジネスプロセス管理共通ボディ) およびモデリングとBPMNの表記法を使用して - ビジネス·プロセス·マネジメント表記は - 可能にする迅速なプロセス設計と解析, IEAGE busca O, クライアントとの提携で, 優先順位を付け、最大限のリソースとプロセス, 作成された値を増強するとの努力が効果的に価値を創出活動を対象としていること.

言及ベストプラクティスのペア, いくつかの特殊化または他の方法があるだろうというシナリオは、発生した問題のために、より効果的になります. 常に全身ビジョンとソリューションに簡単のために努力, 市場のニーズを満たすために実用的かつ高速に, 分析と実装の他の技術が提案されます, など:

  • UMLを使用したケーススタディの作成 (統一モデリング言語);
  • 知識のビジネス分析ボディ - - それはBABOKを使用することが面白いかもしれBPM CBOKとは対照的に言った, または最良のケースを満たしていること, またはクライアントが既に社内の知識を持っているので, この方法論に;
  • 能力成熟度モデル統合 - - 起業家は、CMMIを取得するために短期的な目標を持っていること、彼らが認定されたソフトウェアファクトリとして動作するようにしたいので、, ロゴ, アドバイスは、ライセンスを取得するためのプロセスに基づいている必要があります.

すなわち, 使用されるツールの分析と定義汎用性がコンサルティングチームの観点から極めて重要である IEAGE. 単一の答えはありません, 例の宇宙のための究極のソリューションではありませんシングルの方法論, 組織のプロセス, 企業は日々のために必要な管理システムと戦略.

その中で, 会社は人々によって形成され、経営されています, これ自体は組織文化そのものと業務プロセスに個性と独自性を定義.

ユニークな環境に参加し、共同作業をするために必要な感度, どのように各企業, コンサルティングチームのための重要な成功要因と考えられている IEAGE. 従って, ザ· IEAGE 管理における豊富な経験を持つ従業員で構成されています, 様々なセグメントにおける技術とコンサルティング.